ハンドピュレナ使ってます! 

ハンドピュレナ
佐々木育美さん 

東京都。39歳美容部員。仕事柄、お客様に手を見られることが多いです、特に気を使っていますね。

 

 

手の甲というのは年齢が非常に出やすく、美容の専門家は手と首を見れば大まかな年代がわかります。

 

他人の手の甲を見たとき、血管が浮き出ていて実年齢より老けていると感じたことのある人は多いでしょう。
メイクをばっちりと行って若づくりをしていても、手の甲はなかなか隠すことができません。

 

顔と比べてケアが不十分になりやすいので、老けていることを発見するのが難しい現実もあります。

 

つまり全身の中でも盲点になりやすい部位であり、放置しておくと乾燥してカサカサになってきます。

 

手を見て「老けた」という印象が…

自分の手をまじまじと見るという人は少ないでしょうが、他人のことは見ているものです。

 

人間は自分の見た目年齢が若いかどうか判断するのが苦手ですが、他人に対しては客観的に評価ができるわけです。

 

自分自身も友達の手を見たときに、老けたという印象を持ったことがあります。

 

若いころはあまり肌状態に差は出ないようですが、30代を過ぎると若く見える人・そうでない人が顕著に表れてきます。

 

マイナス5歳とプラス5歳では非常に大きな差がありますので、ぜひともマイナス5歳を目指したいものです。
若々しい肌を維持することは自信につながりますし、自信を持つことが美意識を高めることになります。

 

手の甲の老けには「ハンドピュレナ」が良かった!

いざ自分の手の甲がガサガサになったときは、年齢よりかなり老けて見えてしまいました。

 

血管も非常に目立っていて驚いたので、本格的なケアを始めることにしたのです。
手の甲を若返らせるためには保湿ケアが必要で、普段からクリームを塗っておくことが大切です。
適量の水分と油分を与えることによって肌がプルプルになりますし、弾力性のある状態を維持できます。

 

乾燥・紫外線をブロックすることで肌が活性化し、バリア機能を正常できるメリットもあります。

 

このために開発された「ハンドピュレナ」は使用感もよく、お気に入りですね。
市販のハンドクリームより保湿力が高いのに、浸透も良くてベタベタが残りません。

 

特に、老けないように大切なのは、入浴後にしっかりと保湿をすることです。

 

入浴後は何もしなくても保湿できると思うかもしれませんが、水分を閉じ込める役割を持った皮脂が不足しています。
皮脂が除去されている状態は急激に乾燥を招きますので、手の甲を吹けさせる要因となるわけです。

 

ガサガサした肌はダメージを受けている証拠ですし、またダメージを受けやすい状態になっています。
ダメージに負けない肌を手に入れるためには、保湿と油分の補給が必要になります。

 

あとは早寝早起きをして肌のターンオーバーを正常にし、ダメージに負けない肌を作りあげていくことが重要です。
健康を維持することは肌を若々しく維持するための基本でもありますね。