ハンドベインの画像まとめ 治療法と専用クリームの紹介

 

加齢とともに手の甲の血管が目立つようになる症状を【ハンドベイン】と言います。

 

ハンドベインは病気ではなく、誰でもなるエイジングサインの一種ですが、図太く浮き出た血管はなんとかしたいもの。

 

特に女性の場合「老けた」という印象を与えることも多いため、手の甲に浮き出た血管を気にする方も多いのです。
そのため、ハンドベインを病院で治療する方も少なくありません。

 

治療といってもハンドベインは病気ではありませんから、どちらかというと”美容整形”の部類になります。
インスタグラムなどでは、ハンドベインの治療前・治療後の画像を公開しているクリニックがたくさんありますので、参考にしてみましょう。

 

まずは、ご自分の手と比較してハンドベインの症例を確認してください。

 

ハンドベインの画像 インスタグラムより引用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンドベインを病院で治療するには

ハンドベインの主な原因は、次の3つのと考えられています。
@肌弾力の低下
A皮下脂肪の減少
B静脈の詰まり

 

このうち、病院で行われる治療はBの静脈の詰まりの改善。
とはいっても、治療の方法はレーザーや薬剤などで、浮き出ている静脈を閉塞させてしまうというものです。

 

静脈というのは体中に網の目のように張り巡らされているため、2〜3本詰まっても別の静脈に流れるので問題ないのです。
だから、表面で浮き出ている静脈を塞いでしまうことで、身体の内側を通る静脈に血液を迂回させて、表面の静脈を目立たなくするというものです。

 

治療費は全額自己負担となり、それなりの高額に。
ハンドベインを病院で治療する方法と費用については、下の記事をご覧ください。
・ハンドベインを病院で治療する方法と費用とは?

 

ハンドベイン専用クリームが新発売

ハンドベインを病院で治療する場合は、保険適用外となるため高額な自己負担治療となってしまいます。

 

そこまではしたくないけど、何とかしたい!
と考える方にオススメなのが、手の甲の血管対策専用のハンドクリームとして作られた老け手用ハンドケアクリーム『ハンドピュレナ』です。

 

 

もちろん、美容外科での治療のような即効性はありませんが、一月分2,970円で使えるのが大きな魅力。

 

普通のハンドクリームは、乾燥や手荒れが気になるときだけに使うと思いますが、ハンドピュレナの場合は「夜寝る前」「日中好きなタイミング」の1日2回を毎日継続して、手の甲の肌質改善を促します。

 

個人差があると思いますが、3ヶ月から半年ほど継続すれば、かなり効果を実感できると思います!

 

ハンドベイン,画像
・ハンドピュレナの詳しい効果などについてはこちらの記事をご覧ください

『ハンドピュレナ』は、加齢によって手の甲に血管が浮き出る症状への対策に特化したクリームです。ただのハンドクリームではないため、使い方にもコツが必要?口コミが気になる方はぜひ読んでください♪

 


※ハンドピュレナの購入は北の快適工房オンラインショップからのみとなります。
楽天市場やAmazonでは販売していない・割高になりますのでご注意ください。

ハンドピュレナの公式サイトはこちら♪

▼▼CLICK▼▼

『ハンドピュレナ』公式ショップ