手の甲の血管対策にハンドピュレナを使っています!

斎藤育美さん 美容ライター 

東京都。33歳の美容ライター歴10年。ハンドピュレナは発売当初から注目していて、愛用歴1年以上になります。

 

顔や服装に気を遣う人は多く、できるだけ若く見られようと努力している人はたくさんしますが、「手」はどうでしょうか?

 

手というのは、実は他人から見られているものです。
ネイルサロンへ通って手先を綺麗にしている女性というのはたくさんいますが、手の甲までケアしている女性は意外と少ないです。

 

手とは年齢の出やすい部分で、顔と違って化粧などでは隠せないためダイレクトに年齢があらわれてしまいます。

 

何気なく他人の手を見た時に、手の甲の血管が浮き出ていて年齢を感じたことはありませんか?
手というのは至近距離で接することがなければ、そこまで見えるものではありません。

 

何気ない時に見ることが多く、最近ではジュエリーショップへ行った際に、アクセサリーを出してくれた店員の方の手がそうでした。
見た目はとても若く綺麗な人でしたが、手だけを見ると何歳なのかわからないという印象をうけました。

 

このように手の血管が浮き出ていると老けた印象をうけますが、実はその印象はあながち間違いではなく、れっきとした老化現象なのです。
手の甲に血管が浮き出る症状は「ハンドベイン」といいます。

 

ジュエリーショップの店員の人がそうであったように、ネイルをいくら可愛いデザインにしていていても、手の甲の血管が浮き出ていると年を感じさせてしまうのです。

 

自分のハンドベインが悪化しないように気をつけていること

他人の手を見て、年齢が手にあらわれるということに気づいてからは、自分の手のケアは入念にしています。

 

ネイルサロンへ行って指先を綺麗にしておくことも大切ですが、それ以上に手自体のケアが大切です。
ハンドベイン対策には、日々のケアが重要ですね。

 

まずは、当たり前かもしれませんがハンドクリームをこまめに塗ることです。
乾燥する季節になると、顔の肌と同様に手も乾燥します。

 

顔は化粧水や乳液などで入念にケアをしていても、手は疎かになりがちです。
しかし、ガサガサになって老けた印象を与えないためにも保湿は必須です。

 

そこで、ハンドベイン専用に作られたという「ハンドピュレナ」はモッテコイだと思いますね。
浸透力が市販のハンドクリームとは段違いだと思います。

 

ハンドピュレナ
毎日塗り込むことで、少しずつ手の肌が柔らかくなっていく感じがします。

 

肌の乾燥以外にも、手の甲の血管が浮き出ない対策として運動や食事にも気をつけています。
なぜ運動や食事を気をつけるのかいうと、手の甲の血管が浮き出る原因は、皮膚だけでなく血管にもあるからです。

 

加齢や生活習慣で老化してしまうと、しなやかさが失われ弾力がなくなるので結果的に太くなってしまい、皮膚表面に浮き出やすくなってしまいます。
加齢は防ぐことはできませんが、生活習慣は整えることは可能です。生活習慣を整えるのに1番大切なのは、運動と食事なので、手が老けないようにこの2つは気をつけています。

 

老化は止められないとしても、スピードを緩やかにすることは努力次第では可能ではないでしょうか。

 

毎日手軽に使えるハンドベイン専用クリームの「ハンドピュレナ」は、皆さんにおすすめしたいクリームです。