ハンドベインを病院で治療する方法について

 

ハンドベインは病気ではありません。

 

そのまま放置していても特に大きな問題を引き起こすことは少ないですし、年齢を重ねれば誰にでも起こりうるエイジングサインのひとつです。

 

しかし、特に女性の場合「老けた」という印象を与えることも多いため、手の甲に浮き出た血管を気にする方も多いのです。
そのため、ハンドベインを病院で治療する方も少なくありません。

 

治療といってもハンドベインは病気ではありませんから、どちらかというと”美容整形”の部類になります。

 

病院の美容外科などでハンドベインを治療する場合、以下のような方法があります。

 

ハンドベインの治療

体外式レーザー

身体の外からレーザーを照射し、血管を収縮させて塞いでしまう方法です。
血管が塞がればそこに血液は流れないため、自然と血管も目立たなくなっていきます。

 

メリット

・処置後のアフターケアが必要なく、負担が少ない

 

デメリット

・基本的に毛細血管に対して行われる処置であるため、手の甲に浮き出るような太い血管には効果が少ない

 

血管内レーザー

血管の中にカルーテルという細い管を挿入し、血管の中からのレーザー照射で血管を焼いて塞いでしまう方法です。
下肢静脈瘤の治療では、最も一般的な方法です。

 

メリット

・下肢静脈瘤での実績が豊富
・部分麻酔で安全に行える
・血管を完全に塞ぐのではなく、細くするだけというような調整も可能

 

デメリット

・下半身の直線的な血管には効果があるが、手の甲の複雑な血管には難易度が高い
・術後に腫れが出ることがある
・これまで目立っていなかった他の血管が目立つようになる可能性がある

 

硬化療法

浮き出ている血管に硬化剤を注射し、血管そのものを閉塞させ詰まらせてしまう方法です。
下肢静脈瘤の治療ではこちらも一般的に行われています。

 

メリット

・施術時間が短く負担が少ない
・太い血管にも複雑な血管にも対応可能

 

デメリット

・閉塞させた静脈が消失するまで数か月かかることがある。
・注射後に数時間の圧迫が必要
・硬化剤が意図しなかった別の血管に流れ込んで塞いでしまう可能性がある
・太い静脈を塞いだ場合、しばらく色素沈着がでてしまう

 

※静脈血管はクモの巣のように体中に張り巡らされているので、目に見えている血管の一部を塞いだとしても、血流は正常に保たれてその機能を失うことはありません。

 

ハンドベインの病院で治療イメージ

北青山DクリニックYoutubeチャンネルより

手術中の映像が流れます。ご注意ください

ハンドベインを治療する場合の費用

ハンドベインを病院で治療する場合の費用について一例をご紹介します。

 

ハンドベインは病気ではないため、その治療は保険適用外となります。

 

湘南美容外科クリニックの場合
手の甲(両手)

298,000円

腕の血管(1本につき)

150,000円

一箇所ごと

36,800円

湘南美容外科クリニックHPより

 

東京ヴェインクリニックの場合
硬化療法のみ(片手)

100,000円

硬化と血管内レーザーのハイブリッド療法(片手)

250,000円

追加の硬化療法一回ごと

30,000円

東京ヴェインクリニックHPより
※こちらの価格は記事執筆時点のものであるため、変更されている可能性があります。
詳しくは当該クリニックへお問い合わせください。